« あの、玉子焼をいただく。 | トップページ | 5月になると »

ままだの蛇まつり

ぱじぇこの住む地域では、5月5日に『蛇まつり』という行事があります。

もともとはその昔、雨乞いrainや疫病退散punchのために行われたお祭りらしいですね。

竹・藁・しだの葉などを使って作られた大きな蛇(蛇というよりドラゴンに近いかも。イメージ的には“日本むかしばなし”の竜みたいな感じです)を小中学生の男の子たちが担いでdash「蛇が巻いた、蛇が巻いた」と掛け声をかけながら町内を練り歩くんですね。

その中でも間々田の中心の地区では、間々田八幡宮というところの池で蛇に水を飲ませるという儀式があったりするんですが、ぱじぇこの住む地区ではそこまではちょっと遠いので、町内を練り歩く、までが行事になります。

で、通った蛇を撮ったのですが。。。被写体がちょっと遠かったためと天気の悪さ(あと、腕の悪さ?)のため、なんじゃこりゃ?です。

090505_133901

というわけで、市報に載っていた写真を勝手に写メしてしまいました(ごめんなさい)。

090505_140201_2

詳しくはこちらで見ることができます。↓

http://mamada.shokokai-tochigi.or.jp/top/matsuri.html

(実は。。。男の子のお祭りなので、一応女の子のぱじぇこはあまり詳しくないのですcoldsweats01

|

« あの、玉子焼をいただく。 | トップページ | 5月になると »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188320/44910696

この記事へのトラックバック一覧です: ままだの蛇まつり:

« あの、玉子焼をいただく。 | トップページ | 5月になると »