« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

今年の冷え性対策アイテム

ここ数年は毎年冷え性に悩まされるぱじぇこ。

こう涼しくなってくると、今年も例外でなく冷えの到来weep

毎年いろいろ対策アイテムを発掘していますが、今年のまず最初のヒットはコレですsign01

100928_214401

我が栃木県の誇る岩下食品さんの『岩下の新生姜』から、個包装のパックになった、おつまみタイプの新生姜が新発売されました。

さむ~っとなった時に、この個包装の一つか二つを食べると・・・体がポカポカ。

もちろん、普通のショウガを摂ったりしても同じことなんですけど、ちょうどいい量と手軽さがいいですgood

これは・・・この冬、バッグに入れて持ち歩いちゃうカモsign02(熟年齢層の方っぽいかしら?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象病?

医療に携わる人間ではありますが、この病名(?)は最近、メディア等で聞くようになったことで。。。

気候の変化などによって、いわゆる『古傷が痛む』的な症状や、全身の倦怠感などが引き起こされる状況などを総称してこういうようですね。

これまで数度、ここでも力説(?)していた、ぱじぇこのようにめまい持ち(メニエルさん)の人が台風(=大きい低気圧)が近づくとめまい症状が強く現れるというのも、この気象病に含まれるようで。。。

9月の中旬からのブログ書き込みを出来ずにいた分を先ほどまとめてUPしたのですが、それが止まってしまっていた理由の一つがこの、気象病。。。

先月から引っ張っていた個人的な精神的ストレスに加え、ちょうど職場のISOの審査などがありまして、まぁ、ストレスのかたまりとなったぱじぇこweep。そこに、風邪まで引きまして。。。

そして、急な気温の変化と台風の接近。まさに気象病の症状で、めまいと倦怠感、体じゅうの痛み・・・と、もう精神的にも身体的にも大打撃をうけましたdowndowndown

実はぱじぇこが7年前に病気で入院したのも9月中旬。その時の気候の具合なんかも、脳が覚えているようで。。。特にこの1週間ほどはトラウマとの戦いもあり、久々に恐怖心が芽生えましたね。。。

というわけで(どーいうわけ?)、なんとか乗り越えたぱじぇこは、とりあえず、ブログ復活。

よく分からない話になりましたが、今後もどうぞよろしく。ってことでcoldsweats01

すっかり秋、ですね~maple

| | コメント (4) | トラックバック (1)

カボチャのタルト

以前も一度、作ったことがあるのですが、今回は自己流でなく、レシピを見ながらタルトを作ってみることに。

相変わらず、タルト生地は既成のものをcoldsweats01(このあたりが、料理は得意でもお菓子作りには向いていないぱじぇこらしい)

カボチャ(皮をむき、正味200g)は茹でて(ぱじぇこはレンジ)裏ごし。そこに砂糖15gほどとブランデーとシナモンパウダーを適量。卵黄2個半と生クリーム大さじ5を加え、よく混ぜ、タルト生地の中へ。

180度のオーブンで15分くらい、焼き目がつくまで焼いたら完成shine

100923_172401

ちょっとエッグタルトに近い(卵黄と、生クリームor牛乳をもっと加えるともっとなめらかになるかも)感じで、ぱじぇこにしてはいい感じに出来上がりましたscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のパイナップル

以前、パイナップルができた!で一度、写真を載せたんですけど、その子がさらに成長していまして・・・といっても、食べられるようになったわけじゃないですよcoldsweats01

こんなに立派になりましたsign01

100811_072301100923_105501

葉っぱの部分があまりに成長。これは収穫して、しばらくかわいいパイナップルとして鑑賞した後、また葉っぱ部分から育ててみようかと思ってます。

急に涼しくなってきたことですし・・・とうとう夏も終わりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラパラリーフを収穫してみました

まだまだ夏の陽気ですが、この夏の間も実は日当たりの良い室内で大切に育てられていたグラパラさんたち。

やはり素人が勝手に育てているということや、いろんな条件の問題で、いわゆる売っている状態にまで育てることは難しいのではないかというのが、結論ですね。

他の多肉植物同様(もしかしたらそれ以上かも)、とても根の付きもいいですし、一見育てやすいですが、売っているような大きな葉にまで成長させるのにはなかなか。。。やはりプロのノウハウが必要なんだと思います。

ただ、素人が勝手に育てても、なんとなく食べられる大きさには育つことが分かりました(大きさ的には全然・・・ですけど)。

今日、一部収穫してみました。

100919_204901

味は・・・やはり少し薄いでしょうか。でも、グラパラリーフ特有の酸味と食感はあると思います。そして、心配していた、“ただの多肉の葉っぱ”にはなってはいないよいうで。(草食ってる・・・感は無かったです)

栄養価的にどうかは疑問ですが、個人で楽しむレベルとしてはいいのではないかと。

栄養価・味を考えて本格的に・・・という方には全くおすすめできませんが。。。(ていうか、多分個人で楽しむ以上の、販売などを目的とした栽培はダメなはずですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンジンの中華風炒め

ニンジンが冷蔵庫でなぜか大量に鎮座。。。(多分、あるのを忘れて買ってしまったせい)

とうわけで、炒めてメイン食材にしちゃう案flair

ニンジンは千切りにして、ごま油で炒めます。そこに醤油とみりんで軽く味付けしたら、『食べるラー油』の登場scissors最後にゴマをたっぷり加えて、完成shine

100918_194701

これだけで十分、ご飯がすすんじゃうおかずが出来ちゃいましたscissors

一応、食育を学んだぱじぇこが、たまに訪れる真面目モードで解説eyeglass

ニンジンなどににふくまれるカロテンは脂溶性ビタミンと言って、油と一緒に摂ることで効率よく体に吸収ができるビタミン類なんですね。ですから、ニンジンをこの様に炒めていただくのは、理にかなっているということなのですdelicious

味も、体にも美味しいメニューですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤの肉詰め

今年、ぱじぇこ家ではあまりゴーヤができません。

雨が少ないせいもあるのでしょうが、ちゃんと購入した種でなく、完熟したゴーヤから種を取ったものを適当な場所に蒔いた・・・という適当さもあるのでしょうが。。。coldsweats01

で、いただいたゴーヤを使っての料理。

ゴーヤ好きとしては年に一度は食べておきたい、ゴーヤの肉詰め。

ハンバーグ的なタネを輪切りにしたゴーヤの中に詰めて片栗粉をまぶして焼きます。

100914_195601

ケチャップとソースでいただくのがオススメかな。

苦いことは苦いですが、比較的ゴーヤの苦手な方でも美味しくいただけるのではないかと。(自分がゴーヤ好きなので苦手な方への食べ方を考えて作ってないんですけど・・・ちなみに輪切りのゴーヤをあらかじめ塩水でさっと茹でておくと、さらに苦味が減るのではと思いますよ。)

今年の夏はまだまだ続きそうですから、こういうメニューはいいですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスカット・オブ・アレキサンドリア!

母がお取り寄せ。

マスカット・オブ・アレキサンドリアですぅshine

100910_200001

食べてみると、マスカットのほんとにいい香りlovely

マスカットオブアレキサンドリアの良さは甘さもですが、何よりその香りとか。

ぱじぇこ的に・・・皮のすぐそばが一番香りが良いのではないかと。

甘いものがあまり得意でないぱじぇこも、季節の果物は別格crown

素敵ですlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚しゃぶのオクラのせ

薄切りの豚肉を“しゃぶしゃぶ”しまして、現在たくさん収穫中(他と例外でなく今年は全体的に不作のぱじぇこ農園の中でまともに収穫出来ているのがオクラとトマト)のオクラの刻んだものを添えてみました。

オクラはめんつゆ(お得意の・・・coldsweats01)とお酢で味を調整。そこに桃ラーをかけてみました。

100909_191001

なかなかあっさりしていて美味しくできました。

以前はオクラを豚肉で巻いて焼くパターンが多かったですが、こちらのほうがさっぱりいただけますねflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子のグラタン

今日は新鮮お茄子を使ったグラタンを。

と言っても、なるべく時短でまいりますwink

まずはオリーブオイルで炒めたジャガイモを耐熱皿の一番下に並べます。

100904_190001

そこに(時短のために市販の)ホワイトソース、その上に両面軽く焦げ目をつけた茄子を並べます。

100904_191001

その上にミートソース(これは市販のものだけでなく、炒めたタマネギと挽き肉も加えて煮込んだもの)、そしてとろけるチーズをのせます。

100904_191501

250℃のオーブンで焼けば出来上がりshine

100904_192901

スパークリングワインと一緒にいただきますsmile

100904_193601

ホワイトソースにミートソースにチーズということで、結構ずっしりした感じに見えますが、旬のお茄子がジューシーでさっぱりなので、意外とすっきりいただけますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニのめんつゆバター

アイディアは料理本で見かけたので、ぱじぇこのオリジナルではないのですが。

ぱじぇこ家でとれた数個のズッキーニ(丸型)を使って『ズッキーニのめんつゆバター』というのを作ってみました。

レンジ調理の強~い味方・ルクエスチームケースを使います。

100901_193401

作り方はとても簡単。スチームケースに適当に切り分けたズッキーニを並べ、そこにバター(ここはちょっとこだわり、ぱじぇこのお気に入り・グランフェルマージュです)を乗せ、少し薄めためんつゆをかけて、レンジでチンしますshine

100901_194301

5~6分ほどで出来上がりです。

100901_202001

洋風のあっさりした煮物って感じですね(めんつゆだから・・・和洋折衷って感じですかね~?)。発酵バターのいい香りも素敵lovely

ズッキーニってどうやって食べるの?という相談をたまに受けるんですが、コレは簡単でいいですよ。ルクエの無い方でも、耐熱皿で十分出来ますhappy01

また定番メニューがひとつ出来ましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »